K様 トイレ リフォーム

トイレのリフォームを行いました。

タイル張りで冷たい印象のあった床と壁の下半分を温かみのある木の板にして明るい和室のイメージにしました。壁の上半分は元の白地をそのまま生かしてあります。

トイレと廊下の段差も無くし、手すり代わりにもなる大きめのカウンター式の手洗い器を設置することにより、スッキリ広々とした印象ながらも、しっかりバリアフリーになっています。

便器には、お手入れも簡単で、従来よりも節水、節電効果が高いTOTOの「ネオレスト」を設置しました。タイル張りから木の板にした事により、室内のお掃除もし易くなったので、リフォーム前と比べて格段に明るく清潔なおトイレを維持しやすくなったと思います。

完成DSCF1705

この記事のカテゴリ:事例紹介
この記事のキーワード:, , , ,

情報登録日:2015/12/21

ページの先頭へ